インフォームドコンセントの浸透に伴い、患者に病名や余命など「良くない知らせ」を伝えざるを得ないシーンが、癌診療に限らず幅広い診療科で日常的に増えてきた。デリケートな場面で患者のダメージを最小限に抑えるための「伝え方」のノウハウと、医師に求められる心構えを探った。

病名や余命の告知で2割の医師がトラブル経験の画像

ログインして全文を読む