群馬大学医学部附属病院は今年3月、第二外科に所属する40歳代の男性医師によって行われた腹腔鏡下肝切除術93例のうち、8例について「過失があった」とする報告書をまとめ、謝罪会見を開いた。

群馬大の医療事故調査は典型的な失敗例!?の画像

ログインして全文を読む