少子高齢化が進展する一方で高齢者にかかる医療費は増え続けており、我が国の医療保険制度の継続性には黄信号が灯っている。そうした危機感を背景に、終末期医療のあり方を見直そうという機運が盛り上がってきた。

終末期医療の統一指針求める「緊急提言」もの画像

ログインして全文を読む