手術用ロボットや装着型のIT 機器など、技術革新が生んだデバイスにより、提供される医療の形が変わる可能性がある。肝胆膵領域では、腹腔鏡下手術でアプローチが難しい部位にロボット手術が導入され、成果を上げている。

30年後はロボット手術が主流の時代にの画像

ログインして全文を読む