中央社会保険医療協議会は4月13日、2016年度診療報酬改定におけるDPC/PDPS(診断群分類別包括評価支払い制度)の対応結果を発表した。それによるとDPC対象病院は4月時点で1667施設、49万5227床と、一般病床の約55%を占めるようになり、DPC対象病院の内訳はI群が81施設(前年80施設)、II群が140施設(前年99施設)、III群が1446施設(前年1406施設)となった(表1)。

2016改定におけるDPC制度の対応を発表の画像

ログインして全文を読む