訪問看護の分野では、機能の高い訪問看護ステーションを実情に即して評価する観点から、「機能強化型」の要件が見直された。要件の一つである年間の看取り件数について、医療機関が「在宅がん医療総合診療料」を算定したケースを含められるようルールが改められるほか、超・準超重症児の受け入れ実績も評価されるようになる。これらの見直しにより、機能強化型の届け出がしやすくなる見通しだ。

ログインして全文を読む