中央社会保険医療協議会(中医協)は2月3日の総会で、2016年度診療報酬改定の個別改定項目で修正が必要な箇所について議論した。1月27日に示された個別改定項目のうち、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)の見直しに伴う経過措置が拡充されたほか、調剤薬局が算定する基準調剤加算の施設要件への追加が検討されていた「敷地内禁煙」「同一施設内での酒類、たばこの販売禁止」が削除された。

基準調剤加算の「敷地内禁煙」、要件化は見送りの画像

ログインして全文を読む