中央社会保険医療協議会(中医協)は11月11日の総会で、2016年度診療報酬改定における訪問看護の評価のあり方について議論した。機能強化型訪問看護ステーションの看取り件数の算出方法を見直すことや、重症児の受け入れ実績を評価することなどを検討した。

重症児の受け入れ実績を機能強化型訪問看護ステーションの要件にの画像

ログインして全文を読む