中央社会保険医療協議会(中医協)は11月11日の総会で、2016年度診療報酬改定における在宅医療のあり方について議論した。在宅患者に対する管理料として月1回算定できる「在宅時医学総合管理料(在医総管)」「特定施設入居時等医学総合管理料(特医総管)」について、患者の重症度や処置に応じた評価を導入することや、算定要件にある「月2回以上の訪問診療」について見直すことを検討した。

在宅医療に重症度に応じた報酬体系を導入への画像

ログインして全文を読む