中央社会保険医療協議会(中医協)は9月30日に総会を開き、2016年度診療報酬改定における外来医療のあり方について議論した。外来機能の分化を進める観点から、紹介状なしで大病院を受診した患者に一定金額の支払いを求める定額負担の導入に向けた議論を行った。

患者定額負担の義務化に向けた議論がスタートの画像

ログインして全文を読む