厚生労働省は6月19日、診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」(会長:国際医療福祉大大学院教授の武藤正樹氏)を開き、2014年度診療報酬改定の影響調査の速報値を公表。「地域包括ケア病棟入院料」や「総合入院体制加算」などについて算定状況が明らかになった。同分科会での議論は、2016年度改定の基礎資料となる。

総合入院体制加算1「化学療法4000件」見直しかの画像

ログインして全文を読む