冠動脈に留置後数年間で消失してしまう生体吸収性ステントが、我が国でも近く承認申請される。血管機能の回復を示唆するデータも報告されており、循環器医の期待は高い。一方で、急性期のステント血栓症の多さは懸念材料だ。

留置数年で消失、期待集まる生体吸収性ステントの画像

ログインして全文を読む