「医療従事者の被曝リスクが他の領域に比べて圧倒的に高いことを認識すべきだろう」。榊原記念病院(東京都府中市)放射線科技師長の粟井一夫氏は、個人線量計のメーカー4社がまとめているデータ(図3)を示しつつ、こう切り出した。年線量限度である50mSvを超えて被曝した従事者数の推移を、業種別に見たものだ。医療分野の従事者の被曝事例が飛び抜けて多いことが分かる。

突出する医療者の被爆線量、線量計の装着をの画像

ログインして全文を読む