布団に入ると眠れないという悪循環を解き、眠れる自信を付けさせるために薬物療法は有効な手段。不眠症の寛解後に休薬するという治療のゴールを見据え、やめやすい薬を選ぶのが肝要だ。

睡眠薬は「休薬」を視野に導入の画像

ログインして全文を読む