関東の病院に勤務するC氏は40歳代の女性医師。同じく医師である母は眼科の診療所を経営し、C氏の姉である長女D氏(非医師)が同居して面倒を見ていた(父は既に死去)。ある日、母が亡くなり、医院は誰も継がず閉院、売却された

【Case3】遺言の有効性巡り姉妹が裁判で争うの画像

ログインして全文を読む