今年1月に改正相続税法が施行された。開業医のみならず勤務医も課税対象者が増えるとみられ、多くの医師にとって相続対策は避けて通れないものとなった。対策を怠ると、税負担が増えるだけでなく、親族らを巻き込んだドロ沼のトラブルに発展しかねない。実際に発生したトラブル事例も交えつつ、今改正の内容と相続対策のポイントを紹介する。

相続税法改正されるも医師の9割が「対策なし」の画像

ログインして全文を読む