「痛みに先手を打つ」という考え方がいち早く導入されたのが、周術期の「先行鎮痛」。最近では、人工呼吸器装着後、より早く予防的に鎮痛薬を投与する手法の有効性を示唆するデータが出ており、注目されている。

術前からの鎮痛薬で術後の痛みを予防の画像

ログインして全文を読む