制度開始から約1年が経過した医療事故調査制度は、順調に機能しているのだろうか。医療安全の第一人者として知られる名古屋大学医学部附属病院医療の質・安全管理部教授の長尾能雅氏に医療事故調の現状について聞いた。

「調査手法を確立し、医療ミスによる不幸な死亡を減らしたい」の画像

ログインして全文を読む