2015年10月にスタートし約1年が経過した医療事故調査制度は、順調に機能しているのだろうか。これまで長らく医療安全に携わってきた経験を持ち、医療事故調査制度をサポートする東京都医師会で理事を務める小林弘幸氏(順天堂大学医学部附属順天堂医院総合診療科・病院管理学教授)に医療事故調の現状について聞いた。

「訴訟」と同じ目線なら事故調なんていらないの画像

ログインして全文を読む