妊娠している患者で特に気を付けたいのが妊娠初期の高熱だ。神経管欠損による奇形など、母体の高熱により催奇形性のリスクが高まることが示唆されている(Graham JM Jr,etal. Teratology.1998;58:209-21.)。加えて、アセトアミノフェンによって解熱した群は、しなかった群よりも奇形のリスクが低下したという報告もある(Feldkamp ML, et al. Obstet Gynecol 2010; 115:109.)。

妊娠初期の熱は積極的に解熱する?の画像

ログインして全文を読む