オセルタミビルは、因果関係が不明なものの服用後に異常行動・言動を発現した例が報告されたことから、厚生労働省が注意喚起し、添付文書では10歳以上の未成年には原則使用を差し控えることとされている。

異常行動・言動は抗インフルエンザ薬のせい?の画像

ログインして全文を読む