一般に皮膚科医や形成外科医が処置を行う皮膚の腫れや痛みも、離島の医師にとっては守備範囲となる。

粉瘤は薬液注入後に生検パンチでくり抜くの画像

ログインして全文を読む