かつて「疑わしきは除去」と除去指導が徹底されていた食物アレルギー診療。最近ではその方針が大きく変わり、食物の除去は必要最低限とし、原因食物を適量摂取し続けるよう指導すべきという流れに変わってきた(アレルギー診療の新常識《5》参照[14日公開])。

アレルゲン除去食や負荷試験は必要最低限にの画像

ログインして全文を読む