この秋にエドキサバンが加わり、計4剤になった新規経口抗凝固薬(NOAC)。ワルファリンにない強みを備えており、実臨床に普及しつつある。ワルファリン時代の多様な問題点の解決が期待されているが、そのNOACに死角はないか。また患者に合ったものをどう選択すればよいか、NOACを使いこなしている専門医を取材した。

抗凝固療法、実施率の低さと投与量不足が問題の画像

ログインして全文を読む