慢性期入院医療における今改定の注目ポイントは、療養病棟入院基本料の最上位ランクである「1」に「在宅復帰機能強化加算」が新設されたことだ。「1カ月以上入院している患者の在宅復帰率が50%以上」「病床回転率10%以上」などの要件を満たせば算定できる(表7)。これを受け、急性期だけでなく慢性期の病床でも入院期間を短縮して病床回転率を高めるケースが増えつつある。

療養病棟「のんびり、ゆっくり」にあらずの画像

ログインして全文を読む