「生き残り懸けた病棟再編で勤務医はどうなる?で紹介したように、冠動脈インターベンション(PCI)の手術料の算定要件に、臨床指標の「door to balloon time」(来院からバルーンカテーテルによる責任病変の再開通までの時間)が盛り込まれた。対象となる報酬項目は「経皮的冠動脈形成術」と「経皮的冠動脈ステント留置術」の2つだ(表3)

事務職交えた連係プレーでPCI迅速化に成功の画像

ログインして全文を読む