急性期病床の絞り込みを狙った2014年度診療報酬改定で、7対1看護配置の急性期病床に最も大きな影響を及ぼしているのが「重症度、医療・看護必要度」の基準厳格化だ。

救急医療の強化でオンコール出勤が増加の画像

ログインして全文を読む