バリ島など東南アジアの観光地から帰国後にデング熱を発症する日本人患者が、毎年200人以上報告されている。国立感染症研究所によると、デング出血熱の報告も近年目立ってきている。

開発進むデングワクチンの画像

ログインして全文を読む