劇症型溶血性レンサ球菌感染症(劇症型溶連菌感染症)は、急速に進行し、敗血症性のショックから多臓器不全を生じる重篤な感染症だ。国内では年間100〜200人の患者が確認され、うち約40%が死亡している。

死亡4割の重症感染症 分かってきた発症機序の画像

ログインして全文を読む