7月20日、飛行機でナイジェリアに到着したリベリア人の男性がエボラ出血熱を発症し、25日に死亡した。エボラ出血熱患者が飛行機を使用して国境を越えたのは、今回が初めて。多くの人が集まる空港での二次感染が危惧されている。

アフリカで過去最大の流行に警戒強まるの画像

ログインして全文を読む