小児は成人に比べて(1)体重当たりの必要エネルギー、必要水分量が多い、(2)胃腸炎や熱中症など体液を失うことが多い疾患にかかりやすい、(3)乳幼児は自分自身で飲水行動を取れない──ことから、脱水になりやすい。そのため小児科領域では、輸液療法が特に重視されてきた。

【誤解】脱水を起こした小児にはとにかく点滴の画像

ログインして全文を読む