これからの日本の医療に不可欠な存在として、新専門医制度で新設される総合診療専門医。他の領域と異なり、日本専門医機構の直轄で準備が進んだが、その内容に現場の不満は高まるばかり。静観の立場を取ってきた日本プライマリ・ケア連合学会だが、「もう黙っていられない」と理事長の丸山氏は語る。

総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられないの画像

ログインして全文を読む