2018年度から開始予定の新専門医制度では、専攻医の都市部集中を防ぐ目的で東京・神奈川・愛知・大阪・福岡の5都府県で、専攻医の採用人数を過去5年間の採用実績の平均を超えないよう制限することが定められている。この専攻医採用数の制限を愛知県について撤廃するよう求める緊急要望を、愛知県病院協会が塩崎恭久厚生労働相と日本専門医機構理事長の吉村博邦氏に提出したことを7月19日、公表した。

愛知県病院協会が専攻医数の制限撤廃を要望の画像

ログインして全文を読む