2018年度のリスタートに向けて日本専門医機構や学会が準備を進める新専門医制度。5月12日に日本専門医機構が総合診療専門医の研修プログラム整備基準の大枠を固めたことを発表したが、研修内容の決定に至るまでの議論の経緯や昨年の整備基準からの変更点が、5月12〜14日に香川県高松市で開催された第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会で、同学会副理事長の草場鉄周氏により報告された。

へき地研修の有無が総合診療の定員調整の指標にの画像

ログインして全文を読む