日本専門医機構は12月16日に社員総会を開催し、新専門医制度の基本指針となる「専門医制度新整備指針」が大筋で了承されたことを発表した。新たな整備指針では、地域医療への配慮から施設基準を緩和した他、各学会と日本専門医機構の役割を明記し、研修プログラムの審査基準を変更した。

日本専門医機構「新整備指針」を社員総会で承認の画像

ログインして全文を読む