日本専門医機構は2016年9月7日、理事会を開催。基本領域の内科と外科の専門研修プログラムの中で、その後に取得するサブスペシャリティー領域の研修も積める仕組みの検討を進めること、専門研修プログラムの認定プロセスや認定料、各専攻医の専門医資格認定料などについて、方針を固めた。理事会で決めた内容は今後社員総会に諮られる。

内科と外科でサブスペ研修の連動を検討への画像

ログインして全文を読む