日本専門医機構は7月25日に社員総会を開催し、7月20日の理事会で決定されていた「2017年度から開始予定としていた新専門医制度の導入を見送り、2018年度を目途に19の全ての基本領域で一斉にスタートする」方針を了承した。2017年度の専門医養成については各学会に運用を任せるが、できるだけ既存の研修プログラムで運用することを求め、新制度での研修プログラムを導入する場合には、地域医療への配慮について日本専門医機構と話し合いながら実施することを要請する考えだ。

新専門医制度、来年度導入見送りを正式に決定の画像

ログインして全文を読む