日本産科婦人科学会は6月23日、学会ウェブサイト上で「専門医制度に関する声明」を公表した。この中で、専門医制度に対する同学会の方針として、協議の結果、理解が得られるのであれば2017年度から新たな専門医制度による専攻医研修を開始すると表明。ただし、協議の場での結論に時間を要し、新専門医制度を開始する見通しが得られない場合は、2016年7月末を目処に、「来年度については現制度で専攻医研修を実施する判断をする」とした。

産科婦人科専門医の新制度移行は7月末に判断の画像

ログインして全文を読む