日本内科学会は6月20日、新しい専門医制度への対応について、理事長名で声明を発表した。日本内科学会の意向は、日本医師会および四病院団体協議会の要望書などで求められている協議の場が速やかに設定され、その上で理解が得られるのであれば、2017年度から新たな専門医制度を開始したい、というもの。一方で、残された時間が少ないことから、「新しい専門医制度が開始できるという見通しが得られない場合、本年7月末を目途に、来年度に関しては日本内科学会の現制度を継続する判断をしたい」とした。

内科専門医は「7月末に未決着なら現制度継続」の画像

ログインして全文を読む