日本専門医機構は6月9日、専門研修プログラム研修施設評価・認定部門委員会と基本領域研修委員会の第2回合同委員会を開催した。総合診療を除く18の基本領域の代表者が2017年度からの研修プログラム制度の運営体制についての検討状況を報告し、各領域を担当する学会の大半はプログラム制の専門研修に移行する方針を示した。その後の議論で、2017年度の研修プログラムの公開については足並みをそろえて7月1日(現時点での予定)とし、1次審査を終えて研修プログラムを公開する用意ができた学会はこの日に公開するという方針が示された。

来年度の専門医研修プログラム、7月1日を目標に公開の画像

ログインして全文を読む