2017年4月に開始予定の新専門医制度。2月18日の社会保障審議会医療部会(会長:自治医科大学長・永井良三氏)で開始延期を求める声が寄せられたことをきっかけに、制度の開始時期に関する議論が続いている。各医療機関から提出された研修プログラムの審査を担う各学会の担当理事は現状をどう捉えているのか。日本整形外科学会担当理事で、専門研修プログラム研修施設評価・認定部門 整形外科研修委員会委員長の大川淳氏(東京医科歯科大学大学院整形外科学教授)に聞いた。

延期は不要!我々は粛々と準備を進めているの画像

ログインして全文を読む