厚生労働省は4月27日、第2回専門医養成の在り方に関する専門委員会を開催し、新専門医制度が地域医療に及ぼす影響、日本専門医機構の組織運営などについて議論した。委員長の永井氏は私案として「新専門医制度に関する論点」を提示するとともに、事務局には都道府県ごとの専攻医の定員を設けるべきか否かを議論するベースとなるデータを次回委員会まで示すよう求めた。

専門医養成は都道府県ごとに定員を設けるべきの画像

ログインして全文を読む