厚生労働省は4月6日、社会保障審議会医療部会(会長:自治医科大学長・永井良三氏)を開き、2017年4月に開始予定の新専門医制度について、議論した。厚労省は同部会の下に設置された「専門医養成の在り方に関する専門委員会」の第1回の検討内容を報告。加えて、今後の課題と実施予定の取り組みについて説明したが、「2017年4月開始ありきで話が進められている」「日本専門医機構のガバナンスの問題を議論してから制度開始の議論をすべき」「サブスペシャリティ領域の議論がないまま制度を開始するのか」など、改めて制度開始時期の延期を求める意見が委員から相次いで示された。

「来年4月開始ありきの議論」との非難相次ぐの画像

ログインして全文を読む