日本専門医機構が来年4月の開始を予定している新専門医制度に対して、65%もの医師が「開始時期を延ばしても構わないから、開始前に問題点を十分に議論し解決策を講じるべき」と考えていることが分かった。日経メディカル Onlineが実施している「活発な学会・停滞気味の学会に関する調査」の中間集計で明らかになった。

新専門医制度、65%の医師が「延期やむなし」の画像

ログインして全文を読む