2015年4月、「内科専門医」の制度が新たにスタートした。これまで認定内科医を1階、総合内科専門医を2階としていた内科の専門医制度は、内科専門医に一本化される。制度変更の影響が及ぶ範囲は大きく、既に専門医を取得している医師でも分からない点があったり、一部には「認定内科医がなくなる」といった誤解も生じている。新制度の概要や従来の制度との関係など、医師の関心が高そうな5つのポイントについて、日本内科学会認定医制度審議会会長で福島労災病院(福島県いわき市)院長の渡辺毅氏への取材を基にまとめた。

「認定内科医がなくなる」は本当か?の画像

ログインして全文を読む