新設された主治医報酬に対しては、「算定要件が厳しい」「医薬分業推進の方針を転換したのか?」といった声が現場から寄せられている。今回の改定を担当した厚生労働省保険局医療課長の宇都宮啓氏に、創設の狙いや算定要件の意味するところを語ってもらった。

我々が考える主治医のモデル像を示したの画像

ログインして全文を読む