新しい作用機序の経口血糖降下薬が近く登場する。インスリン分泌には直接作用しないので、単独投与なら低血糖のリスクは低く体重減少も期待できるのが特徴だ。罹病期間が比較的短い肥満患者には福音だが、一方で今までの経口薬にはない注意点も多い。

登場間近のSGLT2阻害薬、その実力と注意点の画像

ログインして全文を読む