β細胞のインスリン分泌能の回復は、早期であるほど有効であり、長い予後を考えれば初期患者に積極的に行うべきだ。その手段として、短期強化インスリン療法、インスリン抵抗性改善薬とDPP-4阻害薬の併用療法、DPP-4阻害薬によるSU薬離脱が有用だ。

膵島負荷軽減で進行性β細胞不全を食い止めるの画像

ログインして全文を読む