震災以降、南相馬市の住民の内部被曝検査や放射線に関する健康相談にかかわってきました。ホールボディーカウンター(WBC)による体内の放射性セシウムの測定では、直近だと大人の98%以上、子どもの99%以上が検出限界以下でした。

「定期的な内部被曝検査を定着させたい」の画像

ログインして全文を読む