まだ詳細な時期は確定していませんが、県立大槌病院の入院機能の再開が決まり、釡石・大槌医療圏の医療提供体制は震災前の形に戻るめどが立ちました。ただ、医師不足の状態は限度に近づきつつあります。当医療圏の人口10万人当たりの医師数(10年時点で136.7人)は、全国平均(同230.4人)より100人弱も少ないのです。

「東北に医学部新設なんてとんでもない」の画像

ログインして全文を読む